「「モーツァルトとサリエリ」批評記事」

2006年1月26日 オペラ「モーツァルトとサリエリ」のアルテンブルクプレミエ批評記事

imageアルテンブルクにおける「モーツァルトとサリエリ」のプレミエの批評記事です。画像をクリックすると記事を読むことが出来ます。
プロダクション全体にはネガティブな表現があるものの、歌手については「この劇場がこの作品を上演する際の唯一の正当性は、この二人の歌手を持ち得たことだった。サリエリの小森輝彦とモーツァルトのカーステン・ラウは、芝居、容姿、声のあらゆる面で、考え得る最高のキャスティングだった」と絶賛されています。