「第5回 ドイツ語歌唱発音講座」

4月8日(日)に開催された第4回目では「ドイツ語の子音とカンタービレの関係」に特に重点を置きました。子音を歌い、子音を越えていくレガートについて、具体的に実践の段階について、実演を交えて解説しました。子音との関係のみならず、そこから表現の広がりに言及できたことは、歌唱発音の可能性を広げるものとして受け取っていただけたと思います。


そして第5回では、ドイツ語を扱うことはいままでの4回と同じですが、受講者の曲目選択や、これから行うアンケートへの提案を踏まえて、テーマを決めたいと思います。

今回独自のテーマは設定しますが、この第5回講座から初参加でもエッセンスを受け取っていただけるよう、根幹の部分は繰り返し説明していきます。初参加、大歓迎です。

進め方は昨年と同様、前半を講義、後半を公開レッスンという形です。

第5回 ドイツ語歌唱発音講座

日時:5月29日(火) 18:15~21:30
場所:東京芸術劇 シンフォニースペース (最寄り駅:池袋駅)

講師:小森輝彦

プログラム(予定)
18:15~19:50 講義
20:00~21:30 公開レッスン(1人30分程度)


~参加費~
参加費:3000円
☆学生は申込先着10名の方を500円とします。(必ず学生とお伝えください。)

聴講生を募集します。


受講、聴講を一律の値段と致しました。
今までの講座の経験から、前半の講座と後半の公開レッスンの内容に強い結びつきがある必要性を感じます。

そこで今回は、公開レッスンを受講される方の積極的な姿勢を尊重し、その曲目に応じて前半の講義の内容もシフトさせるのが良いかと思っています。

受講生の方には、ご自分の身体や音楽性を実験材料として提供していただくことになるので、受講料を聴講料より高くすることはせず、活発な参加を期待することにしました。多くの聴講生の前で、いわば自分の弱点をさらけ出す事は、勇気が要ると思いますが、より深い発見や学びがあることと信じています。お申込み、お待ちしています。
下記問い合わせまで直接お申込みください。
 
~5月26日(土) 追記~

今回も80名を越える聴講申込を頂き、ありがとうございました。

ここまでの聴講申し込みをもって、一度締め切らせて頂きます。前回と同じく今後頂くお申し込みは補欠扱いにさせて頂き、可及的速やかに聴講出来るかどうかお知らせするように致します。

ですので、今後もお申し込みは受け付けますが、必ず聴講して頂けるとは限りませんので、その点どうぞご了承ください。
どうぞよろしくお願い致します。
 
問い合わせ先
buero.komori@gmail.com

〜お願い〜
資料準備もありますので、必ず事前にお申し込み下さい。都合がはっきりしないが参加を希望される方も、その旨お知らせ下さい。

詳しくはこちら

「歌唱発音研究隊-KHK-(仮称)」のFacebookページです。過去の講座の様子がご覧になれます。 Facebookページ:歌唱発音研究隊-KHK-(仮称)