「Toscaの批評」


エッセイの中で触れた批評がこれです。僕に関する記述だけ日本語に訳しておきます。

・・・Dass man vor allem im 2. Akt gern hinwegsieht über Biederkeit und gelegentliche unfreiwillige Komik, das verdankt Oldags "Tosca" vor allem zweien ihrer Sänger-Darsteller: Lucja Zarzycka, die als Titelheldin nicht nur ein anrührendes "Vissi d´arte" singt, sondern sich auch ohne Rücksicht auf stimmliche Verluste in Eifersucht, Wut und Hass hineinsteigert; und Teruhiko Komori als ein Scarpia, dessen Unmenschlichkeit sich in kleinsten Gesten äußert. Als er Tosca gestattet, ihren Cavaradossi ein (vor)letztes Mal zu sehen, beobachtet er die Umarmung der Liebenden mit distanziertem Interesse wie ein Forscher, der ein seltenes Insekt aufspießt. Pointierter kann man kaum darstellen, wie weit sich der Sadist von den Menschen und ihrer Gefühlswelt entfernt hat.・・・
 
(前略)特に2幕で見る事が出来た、愚直さと時折の意図せぬ滑稽さ、これはこのオルダーグ演出の「トスカ」は二人の歌手・俳優のおかげである。その二人とは、まず感動的な「歌に生き、恋に生き」のアリアを歌っただけでなく、嫉妬や怒り、憎しみの表現の中で声の危険を顧みずにタイトルロールに深く入り込んだルツィア・ザルジュツカ、そしてスカルピアの非人間的な面をこれ以上なく小さな動きで語った小森輝彦である。 スカルピアがトスカに、恋人カヴァラドッシとの最後(実際にはもう一度会うが)の面会を許したとき、彼は恋人達の抱擁を距離を置いた興味を持って観察していた。まるで珍しい昆虫を標本にする研究者のように。このサディストが、如何に人間と人間の感情の世界から離れてしまっているかを、これより正確に表現することは全く不可能である。(後略)