「Toscaの批評 東テューリンゲン新聞」




東テューリンゲン新聞に掲載された批評です。
写真は2幕の冒頭です。

しかし、この効果的な演出による大成功は、とりわけ以下の二人の立役者によるものである。 一人はここでまだ言及されていなかった第三の男、スカルピアである。小森輝彦は、単に倒錯した悪者と言うだけではないこの警視総監の役に、音楽的にも演技的にもすっかりはまりこんでいた。ここにこの演出のもっとも説得力のある瞬間があった。