Home » Media > 記事 > アルテンブルク市立劇場での「コジマ」批評など

「アルテンブルク市立劇場での「コジマ」批評など」


image
3月に行われた、アルテンブルク市立劇場での「コジマ」プレミエの新聞記事、批評です。
 
それ以外に東京のワルキューレ関連の記事が他にも出ました。

(前略)それぞれの役は、よくキャスティングされていた。しかし際だっていたのは、この精神病院の患者ニーチェを歌った小森輝彦であり、今までの彼が演じてきたクラシカルな多くの役のヒットパレードにまた一つの役を加えることとなった。声楽的にも演劇的にもずば抜けていた彼は、ディオニュソスの踊りで彼の表現に頂点を与え、その後、いわゆるパルシファルの音楽に触れすぎたことで死に至る。(後略)
 
 
 

image
 


image

 

image