「Ostländer Volkzeitungの記事」

image

Ostländer Volkzeitungに「Ein Mann zwischen zwei Welten(二つの世界の間を行き来する男)」という記事が出ました。

内容は、「Neues Geraの記事」とほとんど同じですが、今回の記事はアルテンブルク版に出た記事なので、多少内容がアルテンブルクとの関連にフォーカスを当てた内容になっているのと、ゲラの新聞では削られていた「ヴァルドルフ教育」という言葉がそのまま使われています。
ヴォータンとテルラムントのワーグナーの二役を日本とドイツで歌ったこと、小森輝彦のドイツでの暮らしぶりや家族のことにも触れています。